キャッチコピーの極意 〜お悩み1

キャッチコピーの極意 〜お悩み1

今回から、いちばん講師としてリクエストの多い、キャッチコピーセミナー、キャッチコピー講座に関連する内容を綴っていきたいと思います。
まずは、キャッチコピーが長くなってしまうというお悩み、ご質問に答えてみたいと思います。

「キャッチコピーは短いほどよい」と、わかっているけれど、どうしても伝えたいことが3つある。。

でも1行のキャッチコピーに3つの要素は詰めこみ過ぎだとすると、どうすればいいのでしょう?

 

■■課題例 : 明太子

・伝えたい3点の特長

= 贅沢素材 + ダシが旨さの秘密 + 減塩

 →キャッチコピー作例①

厳選素材に旨みダシたっぷりの明太子を、減塩仕上げに!

ちょっと混雑しますし、事務的でもありますね。

そこでまず、メインキャッチコピーに最も伝えたい1点を入れ、サブキャッチコピーに残りの2点を入れる、という分業制にしてみます。

 

 →キャッチコピー作例②

メイン「胸を張りたい素材の贅沢さ。
サ ブ「この明太子、減塩なのにダシの旨みが止まらない!!

ちょっとキャッチコピーらしい遊びを入れる余裕がでるとともに、伝えたい内容も印象的になった気がします。

あるいは、最も伝えたい1点は商品スローガン(ショルダー)として商品ネーミングに併記する、というやり方も。

 

 →キャッチコピー作例③

スローガン「贅沢素材だ! 明太子の王子

ネーミング「ふくふく辛子明太子
メイン「減塩でうれしい! 旨みダシでおいしい!

また、メインがQ(質問)で、サブがA(答)になっている、というテクニックも使えます。

 

 →キャッチコピー作例④

メインQ「この明太子、なんでこんなに人気なの!?

サ ブA「秘密は、減塩なのに贅沢素材と旨みダシ!

この他にも伝えたい項目は、ボディコピーに入れたり、それに言及してくれている「ご愛用者の声」をピックアップして見出しに入れる、とわかりやすくなりますね。

 

 →キャッチコピー作例⑤

メイン「秘伝の旨みダシが、厳選素材で生きてくる。
愛用者の声/見出し「減塩なので、ウチの主人も大満足です!

こう考えてくると、キャッチコピーを書くことは文系というより、理系の人にこそ向いている側面もあるように思えてきますね。

(なんで課題例が明太子なのか、ですって? たまたま手元に明太子のDMがあったからです。)

本コラムは、ものづくりの現場での気づきや日々の雑感、製造業のマーケティングや販路開拓に関するノウハウなどをお伝えするものです。 お気づきのことやご質問、ご要望などがありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。

ものづくりコラムcolumn