展示会にコロナの影響が出る前に

展示会にコロナの影響が出る前に

先日は、幕張メッセで開催の[スーパーマーケット・トレードショー2020](2/12〜2/14)に行ってきました。

 

今回はとくに福井県さんの商工会議所様からの出展をサポートさせていただき、見学に来たしだいです。

とくに各県からの共同出展ブースをご報告します。

まず、福井県さんの共同出展ブース。

正直なところおカネはかかっていないのですが、シンプルで目立っていました。

個別にご支援させていただいた食品メーカーさんの展示。

 

どちらも、間違いのない美味しい商品ばかりです。

 

ところで、ブース設営での問題点がいくつか見つかりました。

上の写真でもわかるのは、LEDライトの角度。壁のタペストリーや商品陳列ではなく、来場者の顔に当たるように向けられています。

こうした単純ミスは気をつけて欲しいところです。私が知っている業者さんなら「今すぐ直してくださいね」とご連絡するところです。

 

さて、続きましては長崎県さん。個性的ですね。観光資源をうまく生かしています。↓

次は東京都さん。メトロポリタンなイメージに仕上げました。↓

次は、新潟県さん。なんだかおコメのパッケージみたいです。↓

そして、「高知家」のキーワードが定着しつつある高知県さん。↓

次は、大地も広いがブース面積もビッグな北海道さん。↓

次は、この数日後に展示会のセミナーをさせていただいた香川県さん。↓

続いて、展示会セミナーでよくお呼びいただいている山梨県さん。
武田信玄公のイメージなんですね。↓

お次も、よくお呼びいただいている和歌山県さんです。↓

 

さて、総評めいたことを書きますが、各県さんとも、上手にブース設計をされている印象でした。

そして、県のイメージが一つにまとまっている、あるいは定着している県は強いなと思いました。

そのアイテムをボンと出せば、とりあえず県のカラーが前に出るからです。

そういう意味では、県も企業と同様、日頃からのブランディングが大切なのだなと感じられました。

 

もう一点は、システムブースのパネルと柱の色。普通は白のパネルと銀白の柱の組み合わせなのですが、今回は白のパネルと黒の柱の組み合わせが散見されました。

そうすると、ちょっと高級な和のイメージになるんですね。

次回、どこかの展示会で試してみたいなと思いました。

 

(今週は関係先企業も出展している[機械要素技術展]だったのですが、新型ウィルスのせいで見学に行けませんでした。関係者の方々、すみませんでした)

 

展示会出展ご支援パック 3ヵ月集中コンサルティングはこちらから

 

 

本コラムは、ものづくりの現場での気づきや日々の雑感、製造業のマーケティングや販路開拓に関するノウハウなどをお伝えするものです。 お気づきのことやご質問、ご要望などがありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。

ものづくりコラムcolumn