重版出来!!

重版出来!!

1月23日発売の新刊「キャッチコピーの極意」が増刷となりました!

お手に取っていただいた方、告知や投稿していただいた方、
心より感謝いたします m(_ _)m

出版社の編集者様、営業ご担当の方、本当にありがとうございます。

仮に、どんなに本の中身がよかろうと、出版社様がチカラをいれ、書店様にオススメしてくださらなければ本は売れません。

また、アマゾンにレビューを書いて、読者側からのご評価を投稿してくださる人がいなければ、背中を押されてご購入にいたる方もありません。

本書に関わるお一人おひとりの気持ちがあってこその増刷、いいえ
重版出来であります。m(_ _)m

 

【重版出来】は「じゅうはん・しゅったい」と読みたいです。

というのも、少し前にTBSで「重版出来!」というタイトルのドラマがありまして(2016年4月期)、これがすごくおもしろいんですね。

出演俳優は、もしかしたら地味なんですけれど、そのせいか視聴率は今ひとつだったようなんですけれど(平均8.0%)、内容はとても良質。

編集者である主人公(黒木華)が、面白いマンガを届けよう、コミックを広めてみんなに読んでもらおう、と奮闘するストーリーです。

脚本を書いている方(野木亜紀子『逃げるは恥だが役に立つ』)は、本当にマンガが好きで、出版に思い入れがある方にちがいないと言い切れます。

そうでなければ、ああいうエピソード展開もセリフも、書けるはずがないのです。

その物語で、重版出来となったときに本当にみんなが喜ぶんです、編集者も、作者も。

より良いコンテンツを、一人でも多くの人に知ってもらいたい。

その情熱につき動かされている人びとの、愛すべきお話なんですね。

それはそれは、幸福な物語。

本を出すことのできる人間は、どれほど恵まれているか。

重版しなければ、申し訳ないのです。

 

出版社にとって、初版が売れただけでは利益は出ません。

二刷、三刷、となってはじめてビジネスになる。

そうならなければ、企画会議で通して、編集に手間をかけて、印刷費を投資して、営業活動して書店員さんに頭を下げて回る意味はないんです。

重版出来したい

だからこそ、強く強く、そう思っていました。

正式発刊日から1週間での重版。

よかったです。本当にありがたいことです。

 

 

 

本コラムは、ものづくりの現場での気づきや日々の雑感、製造業のマーケティングや販路開拓に関するノウハウなどをお伝えするものです。 お気づきのことやご質問、ご要望などがありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。

ものづくりコラムcolumn