海外の展示会に出展したい!

海外の展示会に出展したい!

最近、展示会活用セミナーのときに「海外の出展をしたいのですが、どうしたらよいでしょうか」というご質問を受けることが増えました。

 

「海外」と一口に言っても、どこからはじめたらよいか。

ドイツイタリアなど、欧州の展示会はだいたいオススメできます。

知財侵害のトラブルが起きたり、取引価格が見合わないというケースが少ないためです。

日本の技術や製品は、世界において想像以上に評価されています。

トルコインドタイイランウズベキスタンなどでは、ほとんど手放しで最大限の評価を得ています。

そもそも多様性ある世界においては、「日本人と取引したいんだ」というニーズさえあります。

 

一方、アジアの展示会では場所と国によっては注意が必要です。

シンガポール台湾マレーシアタイベトナムなどは親日であり、遵法精神があるので問題は起きづらいといえます。

大陸中国は、国家体制の問題、米中貿易戦争の不透明さ、知財尊重精神の希薄さなどからオススメできません。

カタログを渡しただけなのに上手にパクられたり、売掛金が1年以上回収できないなどは日常の風景です。

韓国も、反日同調圧力や日本からの経済制裁の行方、約束を重視しない国民性などからオススメではありません。

 

念のため言っておきますが、両国とも国民一人ひとりは非常に親日です。日本人も、日本製品も大好きです。

ただ、中国では反日教育や反日ドラマ放映が徹底しているため、情報弱者のなかには本当に日本を嫌いな人もいます。

韓国では、親しい友人間の会話でさえ「日本が好き」と言えない雰囲気が横溢していますので、タテマエ反日と言えるかもしれません。

また、日韓間を引き裂こうと画策する活動家も多数投入されているため、彼我に齟齬のタネが尽きないわけです。

 

香港も、残念ですが今後の大陸からの影響を考慮すると微妙。

同じ民主国家として、同情を禁じ得ません。

今後、香港から投資を引き上げる企業、シンガポールへ移転する企業、海外へ逃避する富裕層、米国による特別待遇の停止などが相次ぎ、さびれていくでしょう。

 

こうした海外の展示会情報を得るにはどうしたらよいか

海外進出を支援する機関としてはジェトロさんがあります。

出展するべき海外展示会の情報を得るなら、まずはジェトロのページを見てみましょう。

 

JETRO 世界の見本市・展示会情報
https://www.jetro.go.jp/j-messe/

 

また、中小機構さんも情報を提供してくれています

中小機構 主要展示会カレンダー
http://j-net21.smrj.go.jp/watch/eventcalender/

補助金の検索はこちら
http://j-net21.smrj.go.jp/snavi/support

 

海外展示会出展のノウハウについては、
拙著「顧客は展示会で見つけなさい」で176ページから書かれています。

 おかげさまで重版出来!!

アマゾンページはこちら↓
顧客は展示会で見つけなさい

 

 

本コラムは、ものづくりの現場での気づきや日々の雑感、製造業のマーケティングや販路開拓に関するノウハウなどをお伝えするものです。 お気づきのことやご質問、ご要望などがありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。

ものづくりコラムcolumn