キャッチコピーの極意 〜キャッチコピーの類型②

キャッチコピーの極意 〜キャッチコピーの類型②

キャッチコピーの表現を類型で網羅する記事、の2回目です。
全7回の予定です。

 

今回は【断定系】。

日本人は、多くの選択肢を提示されて「お好きにお選びください」と言われると思考が止まってしまう人が少なくありません。

よく例に引かれるのは、24種類のジャムを並べたら8種類だったときより売上がダウンした、というような話。

 

定食文化ではないですが、“お仕着せ”のように決めつけてもらうことが好きです。

自信を持って言い切ることで、そこはかとなく信頼感も生まれ、結果的にお客様の背中を押すことにもつながります。

 

②【断定系】 → 機能や情報をズバリ宣言する(5パターン)

(1)機能などをズバリ言う

身もフタもなく、機能やメリット、言いたいことをズバリと伝える方法です。

「吸引力が変わらないただ一つの掃除機」

「ベンザエースを買ってください」

街では「冷やし中華はじめました」というビラもよく目にしましたよね。

簡潔かつダイレクトに言うことは、聞き手にとっても時短になる効用があります。

 

(2)何かに例える

何かに例えることで理解を促し、脳にしっかりとインプットしてもらうやり方です。

「下町のナポレオン」

「ヨーグルト? いいえ、ケフィアです」

商品スローガンとしてもよく見られるタイプのキャッチコピーです。

 

(3)何かと比較する

比較することでメリットに気づかせたり、理解してもらう1文です。

「自動車は慎重に選ぶのに自動車保険は?」

「この安心、1日あたりコーヒー1杯分」

近年、よく行動経済学が話題になります。人は、いつも合理的な判断をしているわけではない、というやつですね。

そうなると、行動には矛盾が生じます。そこを、突くのです。

上の自動車保険の例でいえば、(自動車選びは車種や値引きであれこれ時間をかけたのに、保険加入となると言われるままにハンコを押すのですか? 真剣に考えてください。そうすればウチに決まるはずですから。。)というアピールが背景にあるのですね。

 

(4)AはBだ! と断定する

短文にしてガツンと言い切りにする。

「ゴルフは、人生だ」

「ビジネスは、スポーツだ」

「文章は形容詞から腐る」とは、真理をついた言葉であると思います。ようするに形容詞で飾りたてる文章は逃げ口上だ、ということです。

納得の断定であれば心に残りますし、納得がいかなければ軽く反感を買うというリスクはあります。

 

(5)役立つ情報を打ち出す

商品周りを真面目に研究していることをきっちり言う。

なるほど! と思ってもらって購買意向を高めるやり方です。

「やせにくくなった原因は、基礎代謝にありました」

「右利きの人は右のウラが汚れている」(歯ブラシ)

これまでの常識が間違いであるとするような内容ですと、よりインパクトがありますね。

 

本コラムは、ものづくりの現場での気づきや日々の雑感、製造業のマーケティングや販路開拓に関するノウハウなどをお伝えするものです。 お気づきのことやご質問、ご要望などがありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。

ものづくりコラムcolumn