ものづくり補助金の公募がスタート!

ものづくり補助金の公募がスタート!

本日、2019年8月19日より、平成30年度補正「ものづくり補助金」の二次公募がはじまりました。

ご存知のように「ものづくり補助金」は、中小企業の生産性を向上させる革新的な試作品開発、生産プロセスの改善に必要な設備投資などを支援するものです。

施策、設備投資などの費用の2分の1〜3分の2、最大1,000万円までの支援が受けられます。

 

公募締切は、2019年9月20日(金)15時

 

全国中小企業団体中央会様の告知ページはこちらです。

 

手間をかけずに補助金をもらう方法

 

なかなかよい話なのですが、問題は申請書類の作成です。

募集要項だけでも80ページあり、採択される申請書類をつくるにはいろいろなポイントをクリアする必要があります。

私の支援先の担当者も、書類作成がたいへんすぎて「もういやだ」と嘆いていました。

そこで!

私の知り合いに、メーカー出身者の助成金申請代行のプロがいるのです。

その人のすごいところは、会社の担当者にインタビューしただけで、コンセプトを立案

採択されるカン所を抑えた申請書類を丸投げで書き上げ採択率は通常の2倍以上になるというところです。

 

私もグッドデザイン賞の申請書類を書きますが、プロが書いた場合と、ふつうの担当者が初めて書いたものとでは受賞確率はまったく異なります。

 

時間もないので5社限定と言われたのですが、私のご紹介ですと着手金が安くなります

その着手金も、万一採択されなかった場合でも「加点項目」は必ず認定が受けられるので、優遇税制により返ってきますつまり、最悪でも損はないのです。

 

いま設備投資や商品開発を進めている会社さん、経費がグンと浮きますよ!

お気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

本コラムは、ものづくりの現場での気づきや日々の雑感、製造業のマーケティングや販路開拓に関するノウハウなどをお伝えするものです。 お気づきのことやご質問、ご要望などがありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。

ものづくりコラムcolumn